テーマ

ESG経営(現代に蘇る論語と算盤)

開催場所

配信場所:仙台
オンライン:東京、広島、仙台、青森

講師

渋澤 健

シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役/コモンズ投信株式会社取締役会長

複数の外資系金融機関およびヘッジファンドでマーケット業務に携わり、2001年にシブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業し代表取締役に就任。07年にコモンズ株式会社(現コモンズ投信株式会社)を創業、08年に会長に就任。経済同友会幹事およびアフリカ開発支援戦略PT副委員長、UNDP(国連開発計画)SDG Impact Steering Group委員、東京大学総長室アドバイザー、成蹊大学客員教授、等。著書に「渋沢栄一100の訓言」、「SDGs投資」、「渋沢栄一の折れない心をつくる33の教え」、「超約版 論語と算盤」、他。

米倉 誠一郎

一橋大学名誉教授
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授
一橋大学社会学部および経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学Ph.D.(歴史学)。2008年より2012年まで同センター長。2012年よりプレトリア大学ビジネススクール(GIBS) 日本研究センター所長を兼務。2017年より一橋大学名誉教授・一橋大学イノベーション研究センター特任教授、法政大学大学院教授。

受講ポイント

激動・繁栄・破壊(停滞)を約30年周期で繰り返してきた日本は、2020年のオリンピックを契機に再び激動期に入る見込みだったでした。しかし突然襲来したコロナ禍にあって、悲観的になろうと思えばいくらでも悲観的になれる中、これからの30年を我々はどう考えていくのか。 今回は、以下をポイントに講義を進めます。

(1)ESG経営

ESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みが企業評価へとつながる時代に必要な心構えとは。詳しく解説します!

(2)現代に蘇る「論語と算盤」

対局にあり包摂的に考えようとすると矛盾が生じそうな2つですが、その矛盾こそがクリエイティビティやイノベーションの温床となる!詳しく解説します。

(3)これからの30年を語る

約30年周期で激動・繁栄・破壊(停滞)を繰り返してきている日本が迎えるこれからの30年とは。

CR-SIS人気講義を仙台校(INTILAQ東北イノベーションセンター)よりお届けします!

参考資料

特になし

書籍

特になし

ウェブサイト

特になし

受講生の感想

授業の様子