テーマ

新しい公共 〜家族の笑顔があふれる社会へ〜

開催場所

配信場所:東京
オンライン:東京、広島、仙台、青森

講師

駒崎 弘樹

認定NPO法人フローレンス代表理事

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2005年日本初の「共済型・訪問型」病児保育を開始。07年「Newsweek」の“世界を変える100人の社会起業家”に選出。10年から待機児童問題解決のため「おうち保育園」開始。のちに小規模認可保育所として政策化。14年、日本初の障害児保育園ヘレンを開園。15年には障害児訪問保育アニーを開始。その他赤ちゃん縁組事業、こども宅食事業などを行う。内閣府「子ども・子育て会議」委員複数の公職を兼任。著書に『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』(英治出版)、『社会を変えたい人のためのソーシャルビジネス入門 』(PHP新書)等。 

一男一女の父であり、子どもの誕生時にはそれぞれ2か月の育児休暇を取得。 

米倉 誠一郎

一橋大学名誉教授
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授
一橋大学社会学部および経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学Ph.D.(歴史学)。2008年より2012年まで同センター長。2012年よりプレトリア大学ビジネススクール(GIBS) 日本研究センター所長を兼務。2017年より一橋大学名誉教授・一橋大学イノベーション研究センター特任教授、法政大学大学院教授。

受講ポイント

各校事前プレゼンを経ていよいよ本番!「フローレンスサポーターを増やすには?」をテーマに各校代表チームが最終プレゼンテーションを行います。 今回のポイントは以下です。

(1)「フローレンスサポーター」とは?

資金援助することなのか?ボランティアスタッフのことなのか?どんな理由で定義し、課題解決(提案)に至ったのか。前回の講評をもとに磨き抜かれた、代表チームの発表内容に期待です。

(2) 経済的・時間的負担をかけない提言

事前プレゼン後、学長が受講生に伝えた「経済的・時間的負担をかけない提言」の真意とは。詳しく解説します。

(3)ご本人からの振り返り

認定NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹氏ご本人からの振り返りがもらえる!そして、フローレンスの現状についてもお話いただきます。

 

短期間でディスカッションを重ねてきた受講生たち。 果たして自分たちのプレゼンが「社会的課題をイノベーションの力で解決する」一助となるのか!

参考資料

特になし

書籍

特になし

ウェブサイト

特になし

受講生の感想

講義後、更新されます。

授業の様子