「ええっ!」と驚く方法で未来を創造しよう
社会的課題をイノベーションの力で解決する
「ええっ!」と驚く方法で未来を創造しよう
社会的課題をイノベーションの力で解決する
none

CR-SISの概要

About
21世紀に入り、日本はかつての経済大国としての役割から、世界の持続的成長を担う必要と責任が明確になってきました。日本は経済・政治大国ましてや軍事大国としてではなく、これまで培ってきた技術力や国際協力ノウハウを駆使してSDGsを実践し、イノベーション立国という役回りで世界から尊敬を得るべきだと考えます。
CR-SIS(クリエイティブ・レスポンス –ソーシャル・イノベーション・スクール)はソーシャル・イノベーションを推進する人材育成を主な事業とします。SDGs達成の鍵は想像力と創造力に富んだ人材育成にかかっています。本スクールは、ビジネスの知見に豊かなビジネスマンと社会的課題の知見に優れたNPO/NGO人材を一堂に集め、ソーシャル・イノベーションの開発と実践を実現することを目的に設立されました。
none

キャンパス(受講方法)

Campus
全国5箇所-青森、仙台、東京、名古屋、広島にキャンパスがあります。各校合同での共通講座によって生まれる、地域を超えた受講生同士の交流も魅力の一つです。

各キャンパスでの受講、またはオンライン会議システム(Zoom、Youtube等)でも配信いたします。いずれか、授業ごとにお選びいただけます。

学びの流れ

Study Flow
CR-SISはアウトプットを重視しています。卒業課題としてのビジネスプランの策定に向け、能動的な思考で授業に臨む受講者たち。第一線で活躍に関する講師陣と、業界の著名人・経営者からのビジネスプランへの貴重なフィードバックはもちろん、卒業後の実行フェーズにおける支援体制もあります。
none

米倉誠一郎(CR-SIS学長)

President’s Profile
一橋大学名誉教授
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授
一橋大学社会学部および経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学Ph.D.(歴史学)。2008年より2012年まで同センター長。2012年よりプレトリア大学ビジネススクール(GIBS) 日本研究センター所長を兼務。2017年より一橋大学名誉教授・一橋大学イノベーション研究センター特任教授、法政大学大学院教授。

受講生の声

Review
CR-SISを受講した卒業生の声をご紹介します。
35歳・航空会社

35歳・航空会社

自分の考えを社内外の方に聞いて頂き、中身をブラッシュアップしていくことが楽しく、久しぶりに仕事の楽しさを感じることが出来ました。そして自分自身が何のために今の会社で働いているのかという答えも見つけることが出来ました
27歳・医療機器会社

27歳・医療機器会社

卒業課題で、興味があることにじっくり向き合うことでこれからの方向性が見えました
39歳・大手食品会社

39歳・大手食品会社

米倉先生を始め多様な講師の皆様からソーシャル・イノベーションについての知識や起業家としての実践例等を学ばせて頂くことができました。自分自身の思考が変わり、着実に成長することが出来たと実感しました。
none

受講対象者イメージ

Target
・企業やNPOで、SDGs・CSR・ESG投資に関わる方
・新規事業開発に関わるビジネスパーソン
・社会課題に対してテクノロジーを通じて解決したいエンジニア/研究者
・ソーシャル・ビジネスの立ち上げを考えている方
・世界や社会をより良い方へ変えていきたいと考えている方

※本スクールでは、未来をを創る人材の育成および社会課題解決を指導する人材育成を目的とした奨学生制度を設けています。
none

卒業課題の実例

Business Plan Examples
・『空き家』からはじまる日本再生モデル
・着物を通じて障害者を、みんなを幸せにする
・銭湯文化継承プロジェクト
・燃料アンモニアを用いた工業炉の開発
・ソフトクリームのバリューチェーンを循環するSDGs貢献ecoシステム
・もくいっくん~国産材の活用・林業を身近に~
・プロから学ぶスポーツ体験サービス

よくある質問

Q&A
Qスクールではどんな事をしますか?
SISでは単に講義を聞くだけではありません。

毎講義でグループディスカッションを行ったり、グループワークを経てゲスト講師に対してプレゼンを行う講義もあります。

講義は入学式を含めて全15回あります。
基礎編、実例編、実践編の3つのパートで構成されています。
基礎編:ソーシャルイノベーション、SDGs等について基礎的な内容を学びます。

実例編:イノベーションの実践者をゲスト講師に迎え、イノベーションを起こす際の苦労や課題、ブレイクスルーの仕方等を学びます。

実践編:ゲスト講師に対してプレゼンを行ったり、卒業課題に向けたアクションを行います。
Qどういった人が受講していますか?
年齢では10~60代まで幅広く、会社員、経営者、主婦、学生など職業も様々です。
地域としても、各地方校があることからもわかるように様々です。
(北海道から沖縄まで、地方校設置のない地域からもオンライン等で受講していただいています)

SISでは多様性を非常に重要視しています。
自分とは異なる考え方・視点を持った受講生が交流することで、
多くの気付きを得られると考えているからです。

「奨学生」制度があるため、高校生・大学生・大学院生の方にも受講頂いています。
奨学生からゲスト講師に対して鋭い質問を行い、他の受講生を驚かせることもSISではよくある光景です。
Q起業をしたい人のためのスクールですか?
起業に興味がなくても大丈夫です。
起業をすることだけが、イノベーションを起こす方法ではないとSISでは考えます。
会社や団体に所属しながらイノベーションを起こすことももちろん可能です。(第3期では企業内からイノベーションを起こす方法についての講義もありました)

社会を少しでも良くしたいという気持ちが重要です。
none

SDGsとは

About SDGs
「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

協賛

Sponsors

広島校共催

広島校協力

仙台校共催

仙台校共催

名古屋校協力

名古屋校共催

名古屋校後援

メルマガ登録