テーマ

SDGsの本質に迫る

開催場所

受講生専用ページにてご案内しています。

講師

西口 尚宏

一般社団法人Japan Innovation Network 代表理事

一般社団法人日本防災プラットフォーム 代表理事
パーソルホールディングス株式会社 社外取締役
国連開発計画(UNDP)イノベーション担当上級顧問
上智大学 特任教授
スウェーデン国立研究所(RISE)認定イノベーション・マネジメント・プロフェッショナル
上智大学経済学部卒、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院卒(MBA)。日本長期信用銀行、世界銀行グループ、マーサー社(ワールドワイドパートナー)、産業革新機構(執行役員)等を経て現職。2013年から数多くの大企業の経営者、ミドル、ジュニアと連携して、企業内からイノベーション興す取り組みを続けており、数多くの成功事例を創出。世界各国のスタートアップとの連携や、イノベーション・マネジメントシステムのISO化においては、日本を代表して原案作成を行うなど、世界各国との連携にも注力している。オープン・イノベーション活動としてSDGs(持続可能な開発目標)をイノベーションの機会として捉える「SHIP(SDGs Holistic Innovation Platform)」をUNDP(国連開発計画)と共同運営。ISO TC279 委員。
主な著書:『イノベーターになる:人と組織を「革新者」にする方法』(日本経済新聞出版社、2018年)

米倉 誠一郎

一橋大学名誉教授
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授
一橋大学社会学部および経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学Ph.D.(歴史学)。2008年より2012年まで同センター長。2012年よりプレトリア大学ビジネススクール(GIBS) 日本研究センター所長を兼務。2017年より一橋大学名誉教授・一橋大学イノベーション研究センター特任教授、法政大学大学院教授。

講義概要

いまや毎日のようにメディアに載るSDGsですが、都合のいい解釈やその本質を見失った理解が多く見受けられます。
国連とも連携してSDGs達成を目指している西口尚宏氏(一般社団法人Japan Innovation Network代表理事)による本格的SDGs論を展開していただきます。

参考資料

書籍

イノベーターになる:人と組織を「革新者」にする方法』西口 尚宏、紺野 登共著(日本経済新聞出版社)
『構想力の方法論』紺野 登、野中郁次郎共著(日経BP)

ウェブサイト

Japan Innovation Network(JIN)

受講生の感想

講義終了後、更新されます。

授業の様子

講義終了後、更新されます。